Analytica

意味表示 = 意味の二重性 Shields (1999) Order in Multiplicity, Ch.3

Christopher Shields (1999) Order in Multiplicity: Homonymy in the Philosophy of Aristotle. Oxford: Oxford University Press. Chap.3. Homonymy and Signification. 75-102.

アリストテレスにおける個物と普遍の認識の問題 Mansion (1976) Le jugement d'existence chez Aristote, Livre I, Ch.1

Suzanne Mansion (1976) Le jugement d'existence chez Aristote, 2e éd., Éditions de l'Institut supérieur de philosophie. Livre I. La conception aristotélicienne de la science. Chapitre premier. L'idée de la science chez Platon et Aristote. 7…

『後書』I.22 #1 項連鎖の有限性のロギコスな論証その1

APo. I.22, 82b37-83b31.

『後書』I.21 否定的論証の有限性は肯定的論証の有限性から示せる

APo. I.21.

『分析論後書』I.19 無限な論証の可能性の問題

APo. I.19.

『分析論後書』I.20 述定の無限遡行の不可能性

APo. I.20 (82a21-35).

ἐπιστήμη と πίστις 『後書』I.2 72a25ff.

APo. I.2, 72a25-b3. 同章末尾.

アリストテレスにおける正当化 Goldin (2013) "Circular Justification and Explanation"

Goldin, O. (2013) "Circular Justification and Explanation in Aristotle" Phronesis 58 (3), 195-214. 面白いが一部は明らかに読み込みすぎ.

『分析論後書』I.3 知識不可能主義と循環的論証許容主義の批判

APo. I.3.

問答法はそれ自体で真理を目指すものか Hamlyn (1990); Crisp (1991)

D. W. Hamlyn (1990) "Aristotle on Dialectic" Philosophy 65(254), 465-476. R. Crisp (1991) "Aristotle on Dialectic" 66(258), 522-524. Hamlyn 論文は Owen-Nussbaum-Irwin ラインの簡要なレヴュー.ただ Hamlyn 自身の立場はいまいちよく分からない.…

アリストテレスの学知論の困難 Irwin (1988) AFP, Ch.7

T. H. Irwin (1988) Aristotle's First Principles, Oxford University Press. Chap.7. Puzzles about Science. 134-150. ワープ.この本の第一部は卒論を書くときに読むべきだったのではないか (形而上学的な諸前提にずっともやもやしていたので).

アリストテレスによる名辞の意味の理論 Charles (2000) AME, Chap.4

David Charles (2000) Arisotle on Meaning and Essence, Oxford University Press. Chap. 4. The Signification of Names. pp.78-109.

『後書』II.8-10 の三段階説 Charles (2000) AME, Chap.2.

David Charles (2000) Arisotle on Meaning and Essence, Oxford University Press. Posterior Analytics B.8-10: the Three-Stage View. pp.23-56.

『後書』におけるメノンのパラドクスの解決 Bronstein (2016) Aristotle on Knowledge and Learning #1

David Bronstein (2016) Aristotle on Knowledge and Learning. Oxford University Press, 11-27. Ch.1. Meno's Paradox and the Prior Knowledge Requirement. Bronstein (2010) OSAP 38: 115-41 がもとになっている。まだパラドクスの箇所を自分でしっかり…

アリストテレスと現代本質主義 Charles, Aristotle on Meaning and Essence #1

アリストテレスと現代本質主義 Charles, Aristotle on Meaning and Essence #1 David Charles (2000) Arisotle on Meaning and Essence, Oxford University Press, pp.4-19. 読む義務があるのに先延ばしにしていた本。第1章は現代の議論の整理だが,不慣れな…

バンヴェニスト「術語 scientifique の成立過程」

エミール・バンヴェニスト (2013)「術語 scientifique の成立過程」『言語と主体: 一般言語学の諸問題』阿部宏監訳,前嶋和也・川島浩一郎訳,岩波書店,252-258頁。 パラパラめくっていたら興味深い一文に行き当たった。« scientifique » というフランス語…

論証理論における換位可能な命題の役割 Inwood, "A Note on Commensurate Universals"

Brad Inwood (1979) "A Note on Commensurate Universals in the Posterior Analytics" Phronesis 24(3), 320-329. 共外延的命題と論証の説明力との繋がりを論じた論文。僅か10頁だが極めて内容が濃く難しい (明晰に書かれてはいると思うのだけど)。特に後半…

論証は教育の手段である Barnes, "Aristotle's Theory of Demonstration"

Jonathan Barnes (1969) "Aristotle's Theory of Demonstration" Phronesis 14(2), 123-152. (I) アリストテレスの論証理論と科学的実践の乖離について問題提起し,(II) 考えうるいくつかの解決策を斥け,(III) Barnes 自身の解決策を提示し,(IV) 関連する…

アリストテレス的学知の構成要素 Hintikka, "On the Ingredients of Aristotelian Science"

Jaakko Hintikka (1972) "On the Ingredients of Aristotelian Science". Noûs 6, 55-69. 解釈枠組みをめぐる議論の構図を再確認するよう勧められたので,その手の論文をいくつかちゃんと読むことにする。

『後書』の ἐπιστήμη は「理解」のことである Burnyeat, "Aristotle on Understanding Knowledge"

Burnyeat, Miles "Aristotle on Understanding Knowledge" in E. Berti (ed.), Aristotle on Science: The Posterior Analytics. Padua: Antenore. 97-139. 『後書』の ἐπιστήμη は knowledge より understanding を意味し,両者の違いを識別することがテク…

自体性 McKirahan, Principles and Proofs #7

McKirahan, Richard D. Principles and Proofs: Aristotle's Theory of Demostrative Science. Princeton: Princeton University Press. 80-102. 本章では主に以下の箇所が検討される: A4, 6. 話が段々ややこしくなってきた。

〈基礎に置かれる類〉の意義,要素,および想定根拠 McKirahan, Principles and Proofs #4

McKirahan, Richard D. Principles and Proofs: Aristotle's Theory of Demostrative Science. Princeton: Princeton University Press. 50-63. 本章では以下の箇所が検討される: A7 75a38-b20, A9 76a16-23, A32 88a31-88b29.

『後書』の定義と基礎措定の概念 (II) 酒井「基礎措定と定義について」

酒井健太朗 (2016)「アリストテレス『分析論後書』第1巻第2章 72a18-24 における基礎措定と定義について」『西洋古典学研究』64, 27-38.

『後書』の定義と基礎措定の概念 (I) Landor, "Definitions and Hypotheses"

Landor, Blake (1981) "Definitions and Hypotheses in Posterior Analytics 72a19-25 and 76b35-77a4" Phronesis 26, 308-318. 『後書』A巻の基礎措定 (ὑπόθεσις) と定義 (ὅρος/ὁρισμός) の内容確定を目指す論考。

『分析論』の発展史,あるいは論証理論の項論理学からの独立性 Barnes, "Proof and the Syllogism"

Barnes, Jonathan "Proof and the Syllogism" in E. Berti (ed.), Aristotle on Science: The Posterior Analytics. Padua: Antenore. 17–59. 『前書』と『後書』の関係を発展史的観点から検討した論文。現在伝えられる『後書』の内容は『前書』の項論理学 (…

三種類の原理: 公理・定義・基礎措定 McKirahan, Principles and Proofs #3

McKirahan, Richard D. Principles and Proofs: Aristotle's Theory of Demostrative Science. Princeton: Princeton University Press. 36-49. 各パッセージごとに訳,訳注 (note on translation),検討 (discussion) という形式になっているので,それを反…

論証の原理が満たすべき諸条件 McKirahan, Principles and Proofs #2

McKirahan, Richard D. Principles and Proofs: Aristotle's Theory of Demostrative Science. Princeton: Princeton University Press. 21-35. コメンタリー形式なので要約しにくいが,とりあえずテクストと対照させるやり方でまとめていく。

『分析論後書』の史的背景 McKirahan, Principles and Proofs #1

McKirahan, Richard D. Principles and Proofs: Aristotle's Theory of Demostrative Science. Princeton: Princeton University Press. 7-20. 『分析論後書』の研究書を読む。第一章は同書の背景にある5-4世紀における初期ギリシア科学の展開を叙述している…

εἰ ἔστι の問いの内容 Gómez-Lobo (1980) "The so-called question of existence in Aristotle, An. Post. 2. 1-2"

Alfonso Gómez-Lobo (1980) "The so-called question of existence in Aristotle, An. Post. 2. 1-2", The Review of Metaphysics 34. 71-89. 「『分析論後書』B巻1章の εἰ ἔστι は実在用法ではなく述定用法だと見なすべきだ」と主張する論考。一見するより…

アリストテレスの因果的説明と本質概念を再構成する コスリツキ「本質・因果性・説明」

カトリン・コスリツキ (2015)「本質・因果性・説明」鈴木生郎訳,トゥオマス・E・タフコ『アリストテレス的現代形而上学』春秋社,347-380頁。(原論文: Kathrin Koslicki (2012) "Essence, Necessity, and Explanation" in Tuomas E. Tahko, Contemporary Ar…