Physica

目的論と月下の世界の必然性 Delcomminette (2018) Aristote et la nécessité, ch.10

Sylvain Delcomminette (2018) Aristote et la nécessité, Vrin. 3ème partie. La nécessité et le devenir. Chapitre X. Nécessité et contingence dans le devenir. 279-322.

『自然学』III.3 は新しい種類の存在者を措定する Marmodoro (2008) "The Union of Cause and Effect"

Anna Marmodoro (2008) "The Union of Cause and Effect in Aristotle: Physics 3.3" Oxford Studies in Ancient Philosophy 32, 205-232. ばりばり実在論的な解釈を与える論文.近年の英語圏に限れば,ぱっと調べた限り,他に以下の諸論考が Phys. III.3 を…

『自然学』III.3 #2 作用と受動作用の同一性

Phys. III.3 202b5ff.

『自然学』III.3 #1 作用/受動作用に関する論理的アポリア

Phys. III.3 202a13-b5.

『自然学』III.2 運動の定義の吟味.追加の特徴づけ

Phys. III.2.

『自然学』III.1 #2 可能なものの可能なものとしての完成態

Phys. III.1 201a9ff.

『自然学』III.1 #1 トピックの導入: 運動.運動は〈あるもの〉と同様にカテゴライズできる

Phys. III.1 200b12-201a9.

『自然学』I.2 の諸論証 Clarke (2019) Aristotle and the Eleatic One, Ch.2-3

Timothy Clarke (2019) Aristotle and the Eleatic One, Oxford University Press. Chap.2-3 (pp.19-57).

エレア派批判の位置づけ Clarke (2019) Aristotle and the Eleatic One, Intro.-Ch.1

Timothy Clarke (2019) Aristotle and the Eleatic One, Oxford University Press. Introduction, Chap.1 (pp.1-18). 標題は Barnes (1979) のもじりかしら.序論の一元論の分類は解釈上有益.また「原理の有無の吟味は第一哲学の仕事でもない」という 1.3 …

「変化の内的原理」の諸義 Waterlow (1982) NCA, Chap.1 #2

Sarah Waterlow (1982) Nature, Change and Agency in Aristotle's Physics: A Philosophical Study. Clarendon Press. Ch.1: Nature as Inner Principle of Change. 1-47. [うち 22-45.] 前回の残り.哲学っぽい (normative な要素の強い) タイプの哲学史研…

『自然学』研究と近代科学 Wieland (1962) Die aristotelische Physik, Kap. 1, §1

Wolfgang Wieland (1962) Die aristotelische Physik, Vandenhoeck & Ruprecht. Kap. 1. Einleitung: Die Aristotelesforschung und die Physik. §1. Zur Situation der Forschung. S.11-19. 著名な研究書をあたまから読む.なんとも大時代な序論.著者は Lö…

自然学に固有の方法論 Lennox (2015) “How to Study Natural Bodies”

James G. Lennox (2015) "How to study natural bodies: Aristotle's μέθοδος" in Mariska Leunissen (ed.) Aristotle's Physics: A Critical Guide, Cambride University Press. 'μέθοδος' という語は各学科特有の方法を指しているという指摘と,後半におけ…

『自然学』I 8 のアポリア解決 Horstschäfer (1998) 'Über Prinzipien', Kap.8 #2

Titus Maria Horstschäfer (1998) 'Über Prinzipien'. De Gruyter. Kap. 8. "Physik I.8: 'Die Lösung einer Aporie der Vorgänger'". 381-423 [うち 399ff.].

『自然学』I 8 のアポリア提示 Horstschäfer (1998) 'Über Prinzipien', Kap.8 #1

Titus Maria Horstschäfer (1998) 'Über Prinzipien'. De Gruyter. Kap. 8. "Physik I.8: 'Die Lösung einer Aporie der Vorgänger'". 381-423 [うち 381-399]. 『自然学』1巻の注解から8章の部分を読む.細かい論点も丁寧に拾われている (そのぶん分量は多…

複合的普遍から単純な普遍への探究 Konstan (1975) "A Note on Physics 1.1"

David Konstan (1975) "A Note on Aristotle Physics 1.1" Archiv für Geschichte der Philosophie 57 (3), 241-245.

『自然学』II 9 #2 条件的必然性 (cont.)

Phys. II 9 200a24-b8. 第二巻終わり.

『自然学』II 9 条件的必然性

Phys. II 9, 199b33-200a24.

『自然学』II 8 目的論擁護の補助論証

Phys. II 8 199b7ff.

『自然学』II 8 #3 目的論擁護 (cont.),過誤の可能性

Phys. II 8 199a20-b7.

『自然学』II 8 #2 目的論擁護

Phys. II 8 198b32-199a20.

『自然学』II 8 #1 目的因の措定に対する反対意見

Phys. II 8 198b10-32.

『自然学』II 7 自然学における原因探究

Phys. II 7.

『自然学』II 6 #2 偶然・自発概念に関する結論

Phys. II 6 197b22ff. 正直なんだか分からないまま偶然論が終わってしまった.

『自然学』II 6 #1 偶然は自発の一種である

Phys. II 6 197a36-b22.

『自然学』II 5 #2 前述の偶然規定はエンドクサに合致する

Phys. II 5 197a8ff.

『自然学』II 5 #1 「偶然からの生成」の定義

Phys. II 5 196b10-197a8. 少しおもしろくなってきたが難しい.今日あまり頭が働いてないのもある.

『自然学』II 4 #2 偶然に関する先行学説の列挙 (続き)

Phys. II 4 196a24ff.

『自然学』II 4 #1 偶然はある

Phys. II 4 195b31-a24. 今のところ言及すべき大きな論点は特にない.

『自然学』II 3 #2 言語表現に基づく原因分類

Phys. II 3 195a26-b30.

『自然学』II 3 #1 原因の諸種とその形式的性質

Phys. II 3, 194b16-195a26. 先行研究のまとめにすぎない注は「文献注」と呼ぶことにする*1。また Couloubaritsis は当面は訳文だけ見ることにする。 *1:Detel の『後書』注解が allgemeine / spezielle Anmerkungen とは別に bibliographische Anmerkungen …