2020-11-04から1日間の記事一覧

『分析論後書』I.3 知識不可能主義と循環的論証許容主義の批判

APo. I.3.

問答法はそれ自体で真理を目指すものか Hamlyn (1990); Crisp (1991)

D. W. Hamlyn (1990) "Aristotle on Dialectic" Philosophy 65(254), 465-476. R. Crisp (1991) "Aristotle on Dialectic" 66(258), 522-524. Hamlyn 論文は Owen-Nussbaum-Irwin ラインの簡要なレヴュー.ただ Hamlyn 自身の立場はいまいちよく分からない.…