Analytica

『後書』の定義と基礎措定の概念 (II) 酒井「基礎措定と定義について」

酒井健太朗 (2016)「アリストテレス『分析論後書』第1巻第2章 72a18-24 における基礎措定と定義について」『西洋古典学研究』64, 27-38.

『後書』の定義と基礎措定の概念 (I) Landor, "Definitions and Hypotheses"

Landor, Blake (1981) "Definitions and Hypotheses in Posterior Analytics 72a19-25 and 76b35-77a4" Phronesis 26, 308-318. 『後書』A巻の基礎措定 (ὑπόθεσις) と定義 (ὅρος/ὁρισμός) の内容確定を目指す論考。

『分析論』の発展史,あるいは論証理論の項論理学からの独立性 Barnes, "Proof and the Syllogism"

Barnes, Jonathan "Proof and the Syllogism" in E. Berti (ed.), Aristotle on Science: The Posterior Analytics. Padua: Antenore. 17–59. 『前書』と『後書』の関係を発展史的観点から検討した論文。現在伝えられる『後書』の内容は『前書』の項論理学 (…

三種類の原理: 公理・定義・基礎措定 McKirahan, Principles and Proofs #3

McKirahan, Richard D. Principles and Proofs: Aristotle's Theory of Demostrative Science. Princeton: Princeton University Press. 36-49. 各パッセージごとに訳,訳注 (note on translation),検討 (discussion) という形式になっているので,それを反…

論証の原理が満たすべき諸条件 McKirahan, Principles and Proofs #2

McKirahan, Richard D. Principles and Proofs: Aristotle's Theory of Demostrative Science. Princeton: Princeton University Press. 21-35. コメンタリー形式なので要約しにくいが,とりあえずテクストと対照させるやり方でまとめていく。

『分析論後書』の史的背景 McKirahan, Principles and Proofs #1

McKirahan, Richard D. Principles and Proofs: Aristotle's Theory of Demostrative Science. Princeton: Princeton University Press. 7-20. 『分析論後書』の研究書を読む。第一章は同書の背景にある5-4世紀における初期ギリシア科学の展開を叙述している…

εἰ ἔστι の問いの内容 Gómez-Lobo (1980) "The so-called question of existence in Aristotle, An. Post. 2. 1-2"

Alfonso Gómez-Lobo (1980) "The so-called question of existence in Aristotle, An. Post. 2. 1-2", The Review of Metaphysics 34. 71-89. 「『分析論後書』B巻1章の εἰ ἔστι は実在用法ではなく述定用法だと見なすべきだ」と主張する論考。一見するより…