Physica

『自然学』III.3 は新しい種類の存在者を措定する Marmodoro (2008) "The Union of Cause and Effect"

Anna Marmodoro (2008) "The Union of Cause and Effect in Aristotle: Physics 3.3" Oxford Studies in Ancient Philosophy 32, 205-232. ばりばり実在論的な解釈を与える論文.近年の英語圏に限れば,ぱっと調べた限り,他に以下の諸論考が Phys. III.3 を…

『自然学』III.3 #2 作用と受動作用の同一性

Phys. III.3 202b5ff.

『自然学』III.3 #1 作用/受動作用に関する論理的アポリア

Phys. III.3 202a13-b5.

『自然学』III.2 運動の定義の吟味.追加の特徴づけ

Phys. III.2.

『自然学』III.1 #2 可能なものの可能なものとしての完成態

Phys. III.1 201a9ff.

『自然学』III.1 #1 トピックの導入: 運動.運動は〈あるもの〉と同様にカテゴライズできる

Phys. III.1 200b12-201a9.

『自然学』I.2 の諸論証 Clarke (2019) Aristotle and the Eleatic One, Ch.2-3

Timothy Clarke (2019) Aristotle and the Eleatic One, Oxford University Press. Chap.2-3 (pp.19-57).

エレア派批判の位置づけ Clarke (2019) Aristotle and the Eleatic One, Intro.-Ch.1

Timothy Clarke (2019) Aristotle and the Eleatic One, Oxford University Press. Introduction, Chap.1 (pp.1-18). 標題は Barnes (1979) のもじりかしら.序論の一元論の分類は解釈上有益.また「原理の有無の吟味は第一哲学の仕事でもない」という 1.3 …

「変化の内的原理」の諸義 Waterlow (1982) NCA, Chap.1 #2

Sarah Waterlow (1982) Nature, Change and Agency in Aristotle's Physics: A Philosophical Study. Clarendon Press. Ch.1: Nature as Inner Principle of Change. 1-47. [うち 22-45.] 前回の残り.哲学っぽい (normative な要素の強い) タイプの哲学史研…

『自然学』研究と近代科学 Wieland (1962) Die aristotelische Physik, Kap. 1, §1

Wolfgang Wieland (1962) Die aristotelische Physik, Vandenhoeck & Ruprecht. Kap. 1. Einleitung: Die Aristotelesforschung und die Physik. §1. Zur Situation der Forschung. S.11-19. 著名な研究書をあたまから読む.なんとも大時代な序論.著者は Lö…

自然学に固有の方法論 Lennox (2015) “How to Study Natural Bodies”

James G. Lennox (2015) "How to study natural bodies: Aristotle's μέθοδος" in Mariska Leunissen (ed.) Aristotle's Physics: A Critical Guide, Cambride University Press. 'μέθοδος' という語は各学科特有の方法を指しているという指摘と,後半におけ…

『自然学』I 8 のアポリア解決 Horstschäfer (1998) 'Über Prinzipien', Kap.8 #2

Titus Maria Horstschäfer (1998) 'Über Prinzipien'. De Gruyter. Kap. 8. "Physik I.8: 'Die Lösung einer Aporie der Vorgänger'". 381-423 [うち 399ff.].

『自然学』I 8 のアポリア提示 Horstschäfer (1998) 'Über Prinzipien', Kap.8 #1

Titus Maria Horstschäfer (1998) 'Über Prinzipien'. De Gruyter. Kap. 8. "Physik I.8: 'Die Lösung einer Aporie der Vorgänger'". 381-423 [うち 381-399]. 『自然学』1巻の注解から8章の部分を読む.細かい論点も丁寧に拾われている (そのぶん分量は多…

複合的普遍から単純な普遍への探究 Konstan (1975) "A Note on Physics 1.1"

David Konstan (1975) "A Note on Aristotle Physics 1.1" Archiv für Geschichte der Philosophie 57 (3), 241-245.

『自然学』II 9 #2 条件的必然性 (cont.)

Phys. II 9 200a24-b8. 第二巻終わり.

『自然学』II 9 条件的必然性

Phys. II 9, 199b33-200a24.

『自然学』II 8 目的論擁護の補助論証

Phys. II 8 199b7ff.

『自然学』II 8 #3 目的論擁護 (cont.),過誤の可能性

Phys. II 8 199a20-b7.

『自然学』II 8 #2 目的論擁護

Phys. II 8 198b32-199a20.

『自然学』II 8 #1 目的因の措定に対する反対意見

Phys. II 8 198b10-32.

『自然学』II 7 自然学における原因探究

Phys. II 7.

『自然学』II 6 #2 偶然・自発概念に関する結論

Phys. II 6 197b22ff. 正直なんだか分からないまま偶然論が終わってしまった.

『自然学』II 6 #1 偶然は自発の一種である

Phys. II 6 197a36-b22.

『自然学』II 5 #2 前述の偶然規定はエンドクサに合致する

Phys. II 5 197a8ff.

『自然学』II 5 #1 「偶然からの生成」の定義

Phys. II 5 196b10-197a8. 少しおもしろくなってきたが難しい.今日あまり頭が働いてないのもある.

『自然学』II 4 #2 偶然に関する先行学説の列挙 (続き)

Phys. II 4 196a24ff.

『自然学』II 4 #1 偶然はある

Phys. II 4 195b31-a24. 今のところ言及すべき大きな論点は特にない.

『自然学』II 3 #2 言語表現に基づく原因分類

Phys. II 3 195a26-b30.

『自然学』II 3 #1 原因の諸種とその形式的性質

Phys. II 3, 194b16-195a26. 先行研究のまとめにすぎない注は「文献注」と呼ぶことにする*1。また Couloubaritsis は当面は訳文だけ見ることにする。 *1:Detel の『後書』注解が allgemeine / spezielle Anmerkungen とは別に bibliographische Anmerkungen …

『自然学』II 2 #2 自然学は質料・形相の両方に関わる

Phys. II 2, 194a12-b15.