『形而上学』B1-2 第三・四アポリア (+α): ウーシアーの学知の数,自体的付帯性の探究主体

Met. Β1 995b10-13, 18-27; B2 997a15-34.

[995b10] またウーシアーについてであれば,全てのウーシアーに一つの学知があるのか,それともより多くの諸学知があるのか,またもしより多くあるなら,全てが同類であるか,それとも,それらのうち或る諸学知は知恵であり,他の諸学知は他の何かだと言うべきだろうか.

... εἴ τ᾽ ἐστι περὶ τὴν οὐσίαν, πότερον μία περὶ πάσας ἢ πλείονές εἰσι, κἂν εἰ πλείονες πότερον ἅπασαι συγγενεῖς ἢ τὰς μὲν σοφίας τὰς δὲ ἄλλο τι λεκτέον αὐτῶν.

  • M: (a) ウーシアーに幾つの学知があるか,(b) そのうちどれが知恵か.B では (a) が主に扱われる.(b) は Γ2, E1 で扱われる.
  • P: ap. 1-3 は実在の学知の統一可能性をめぐる単一のアポリアを別々の角度から展開しており相互補完的.

[995b18] これらのことをめぐっても,私たちが主張している仕方で考究する必要があり,かつ観照はただ諸ウーシアーをめぐってあるのか,それともウーシアーの自体的付帯性をめぐってもあるのか.これらに加えて,〈同じ〉や〈異なる〉や〈類似〉や〈非類似〉や反対性,および〈より先〉〈より後〉やその他そうした全てのことどもをめぐって,問答家は,エンドクサのみから考察を行うことで考察を試みているのだが,〔それら〕全てについて観照することは誰に属するのか.さらに,これら自体に自体的に付帯する全ての事柄を,かつそれら各々が何であるのかだけでなく,〔或る〕一つが〔別の〕一つの反対であるのかを〔観照することは誰に属するのか,も考究する必要がある〕.

περί τε τούτων οὖν, καθάπερ φαμέν, ἐπισκεπτέον, καὶ πότερον περὶ τὰς οὐσίας ἡ θεωρία μόνον ἐστὶν ἢ καὶ περὶ τὰ συμβεβηκότα καθ᾽ αὑτὰ ταῖς οὐσίαις, πρὸς δὲ τούτοις περὶ ταὐτοῦ καὶ ἑτέρου καὶ ὁμοίου καὶ ἀνομοίου καὶ ἐναντιότητος, καὶ περὶ προτέρου καὶ ὑστέρου καὶ τῶν ἄλλων ἁπάντων τῶν τοιούτων περὶ ὅσων οἱ διαλεκτικοὶ πειρῶνται σκοπεῖν ἐκ τῶν ἐνδόξων μόνων ποιούμενοι τὴν σκέψιν, τίνος ἐστὶ θεωρῆσαι περὶ πάντων: ἔτι δὲ τούτοις αὐτοῖς ὅσα καθ᾽ αὑτὰ συμβέβηκεν, καὶ μὴ μόνον τί ἐστι τούτων ἕκαστον ἀλλὰ καὶ ἆρα ἓν ἑνὶ ἐναντίον.

[997a15] また総じて,全ての諸実体について一つの学知があるのか,それともより多くの諸学知があるのか.さて,もし一つでないなら,どのようなウーシアーにこの学知があると措定すべきだろうか.全てのウーシアーに一つの学知があるというのは理にかなっていない.というのも,全ての論証的諸学知は,或る基礎に置かれるものをめぐって,共通の考えから,自体的に付帯する事柄を観照する以上,一つの論証的学知が全ての付帯性についてあるだろうから.それゆえ,同じ類をめぐって同じ考えから自体的付帯性を観照することが同じ学知に属する.というのも,それをめぐって観照するところのものが一つの学知に属し,かつそれらから観照するところのものが一つの学知に属するのであり――それが同じ学知であれ,別々の学知であれ――,したがって付帯性を観照することも属するのである.それら諸学知が観照するのであれ,それらのうちの一つが観照するのであれ.

ὅλως τε τῶν οὐσιῶν πότερον μία πασῶν ἐστὶν ἢ πλείους ἐπιστῆμαι; εἰ μὲν οὖν μὴ μία, ποίας οὐσίας θετέον τὴν ἐπιστήμην ταύτην; τὸ δὲ μίαν πασῶν οὐκ εὔλογον: καὶ γὰρ ἂν ἀποδεικτικὴ μία περὶ πάντων εἴη τῶν συμβεβηκότων, εἴπερ πᾶσα ἀποδεικτικὴ περί τι ὑποκείμενον θεωρεῖ τὰ καθ᾽ αὑτὰ συμβεβηκότα ἐκ τῶν κοινῶν δοξῶν. περὶ οὖν τὸ αὐτὸ γένος τὰ συμβεβηκότα καθ᾽ αὑτὰ τῆς αὐτῆς ἐστὶ θεωρῆσαι ἐκ τῶν αὐτῶν δοξῶν. περί τε γὰρ ὃ1 μιᾶς καὶ ἐξ ὧν μιᾶς, εἴτε τῆς αὐτῆς εἴτε ἄλλης, ὥστε καὶ τὰ συμβεβηκότα, εἴθ᾽ αὗται θεωροῦσιν εἴτ᾽ ἐκ τούτων μία.

  • M: 自体的付帯性を含む場合のほうが "rhetorically it might be more absurd". また自体的付帯性が多様で単一の学知に属さないなら,実体もそうだということになる (cf. APo. I 7).
  • M: (i) 同じ類なら同じ学知,(ii) 同じ類の公理なら同じ学知,ゆえに (iii) 当の類と当の類の自体的付帯性を扱うのは同じ学知.――前提が隠れている.
  • M: 解決は Γ1−22から収集できる:
    • ある限りのあるものの学知があり (Γ1, 1003a21-31),それは特殊諸学知と同一でない (a21-6, Γ2, b13-16; E1, 1025b3-10).
    • それはまずもって実体の学知である (1003b15-19).
    • それは実体の類に対応して部分をもつ (Γ2, 1003b21-2, 1004a2-9).
      • 部分には数学,自然学,神学が含まれる (E1, esp. 1026a18-9).
      • 諸部分の一つが第一のものである (Γ2, 1004a3-4).
        • それは神学である (E1, 1026a29-32).
    • Γ でも Ε でも知恵とは呼ばれない.

[997a25] さらに,観照はただ諸ウーシアーをめぐるものなのか,それともそれらの付帯性をめぐるものでもあるのか.私が言うのは,例えば,立体や線や面がある種のウーシアーであるなら,数学的諸学がそれらをめぐって示すところの各々の類をめぐって付帯性を認識することも同じ学知に属するのか,それとも別の学知に属するのか.というのも,(T) もし同じ学知に属するなら,ある種の論証的学知でありウーシアーの学知であるだろうが,何であるかの論証があるとは思われないから.(A) 他方で異なる学知に属するなら,ウーシアーをめぐって付帯性を観照する学知は何であるだろうか.これを説明することは極めて困難だろう.

ἔτι δὲ πότερον περὶ τὰς οὐσίας μόνον ἡ θεωρία ἐστὶν ἢ καὶ περὶ τὰ συμβεβηκότα ταύταις; λέγω δ᾽ οἷον, εἰ τὸ στερεὸν οὐσία τίς ἐστι καὶ γραμμαὶ καὶ ἐπίπεδα, πότερον τῆς αὐτῆς ταῦτα γνωρίζειν ἐστὶν ἐπιστήμης καὶ τὰ συμβεβηκότα περὶ ἕκαστον γένος περὶ ὧν αἱ μαθηματικαὶ [30] δεικνύουσιν, ἢ ἄλλης. εἰ μὲν γὰρ τῆς αὐτῆς, ἀποδεικτική τις ἂν εἴη καὶ ἡ τῆς οὐσίας, οὐ δοκεῖ δὲ τοῦ τί ἐστιν ἀπόδειξις εἶναι: εἰ δ᾽ ἑτέρας, τίς ἔσται ἡ θεωροῦσα περὶ τὴν οὐσίαν τὰ συμβεβηκότα; τοῦτο γὰρ ἀποδοῦναι παγχάλεπον.

  • M: (T) 問題が不明瞭: 実体を定義し本質的属性を論証することは可能 (Alex.).
  • M: ap. 4 と Γ2 は議題が異なる: ap. 4 は特定の類の本質的属性を,Γ2 は非常に一般的な対象を扱う.Γ2 はむしろ B1 で直後に提起されているアポリアを扱っている.

  1. ὅ Ab: τὸ ὅτι EJΓ Syr.

  2. M. は誤って 1004a2-9 を Γ3 に入れている.