『形而上学』Δ7 「ある」の諸義

Met. Δ7.


[1017a6] 〈あるもの〉は,或るものは付帯的に,或るものは自体的に語られる.付帯的に語られるのは,例えば「公正な者は教養ある」とか,「人間は教養ある」とか「教養ある者が人間である」と私たちが述べる場合である.その際私たちはちょうど,「教養ある者が家を建てる」と言うのに近い仕方で述べるのである.なぜなら,建築家に教養あることが付帯するか,教養ある者に建築家であることが付帯するから (というのも,「かくかくがしかじかであること」は,かくかくにしかじかが付帯することを意味表示するから).上述のことどももそうした方式である.というのも,人間が教養あると私たちが語るとき,教養ある者が人間なのでもあり,あるいは白い者が教養あるか教養ある者が白いときも,両方ともが同じものに付帯するが,前者は〈あるもの〉に属するからであり,他方で教養ある者が人間であるのは,それに〈教養ある〉が付帯するからである.(そのようにして白くないものも「ある」と語られるのである.なぜなら〔〈白くない〉が〕それに付帯するところのものが,それ〔人間〕だからである).さて,付帯的にあると語られるものがそのように語られるのは,同じ〈あるもの〉に同時に属するからか,かの〈あるもの〉に属するからか,あるいはそれに属するところのものが,それ自身それに述定されるところのものそのものであるからである.

τὸ ὂν λέγεται τὸ μὲν κατὰ συμβεβηκὸς τὸ δὲ καθ᾽ αὑτό, κατὰ συμβεβηκὸς μέν, οἷον τὸν δίκαιον μουσικὸν εἶναί φαμεν καὶ τὸν ἄνθρωπον μουσικὸν καὶ τὸν μουσικὸν ἄνθρωπον, παραπλησίως λέγοντες ὡσπερεὶ τὸν μουσικὸν οἰκοδομεῖν ὅτι συμβέβηκε τῷ οἰκοδόμῳ μουσικῷ εἶναι ἢ τῷ μουσικῷ οἰκοδόμῳ (τὸ γὰρ τόδε εἶναι τόδε σημαίνει τὸ συμβεβηκέναι τῷδε τόδε), οὕτω δὲ καὶ ἐπὶ τῶν εἰρημένων: τὸν γὰρ ἄνθρωπον ὅταν μουσικὸν λέγωμεν καὶ τὸν μουσικὸν ἄνθρωπον, ἢ τὸν λευκὸν μουσικὸν ἢ τοῦτον λευκόν, τὸ μὲν ὅτι ἄμφω τῷ αὐτῷ συμβεβήκασι, τὸ δ᾽ ὅτι τῷ ὄντι συμβέβηκε, τὸ δὲ μουσικὸν ἄνθρωπον ὅτι τούτῳ τὸ μουσικὸν συμβέβηκεν (οὕτω δὲ λέγεται καὶ τὸ μὴ λευκὸν εἶναι, ὅτι ᾧ συμβέβηκεν, ἐκεῖνο ἔστιν): τὰ μὲν οὖν κατὰ συμβεβηκὸς εἶναι λεγόμενα οὕτω λέγεται ἢ διότι τῷ αὐτῷ ὄντι ἄμφω ὑπάρχει, ἢ ὅτι ὄντι ἐκείνῳ ὑπάρχει, ἢ ὅτι αὐτὸ ἔστιν ᾧ ὑπάρχει οὗ αὐτὸ κατηγορεῖται:

自体的にあると語られるのは,述定の諸形式が意味表示する限りのものである.というのも,「あること」が意味表示する数の仕方で語られるから.それゆえ,諸述定のうちあるものは〈何であるか〉を意味表示し,あるものは質を,あるものは量を,あるものは〈何かに対して〉,あるものは作用する,ないしは作用を被る,あるいは場所,あるいは時であり,それらの各々について「あること」は同じものを意味表示する.というのも,「人間が健康なものであるヒュギアイノーン・エスティ」と言っても「人間が健康であるヒュギアイネイ」と言っても,また「人間が歩いているバディゾーン・エスティ切っているテムノーン」と言っても「人間が歩くバディゼイ切るテムネイ」と言っても,何ら違いがなく,また他の場合にも同様であるから.

καθ᾽ αὑτὰ δὲ εἶναι λέγεται ὅσαπερ σημαίνει τὰ σχήματα τῆς κατηγορίας: ὁσαχῶς γὰρ λέγεται, τοσαυταχῶς τὸ εἶναι σημαίνει. ἐπεὶ οὖν τῶν κατηγορουμένων τὰ μὲν τί ἐστι σημαίνει, τὰ δὲ ποιόν, τὰ δὲ ποσόν, τὰ δὲ πρός τι, τὰ δὲ ποιεῖν ἢ πάσχειν, τὰ δὲ πού, τὰ δὲ ποτέ, ἑκάστῳ τούτων τὸ εἶναι ταὐτὸ σημαίνει: οὐθὲν γὰρ διαφέρει τὸ ἄνθρωπος ὑγιαίνων ἐστὶν ἢ τὸ ἄνθρωπος ὑγιαίνει, οὐδὲ τὸ ἄνθρωπος βαδίζων ἐστὶν ἢ τέμνων τοῦ ἄνθρωπος βαδίζει ἢ τέμνει, ὁμοίως δὲ καὶ ἐπὶ τῶν ἄλλων.

さらに,「あること」や「ある」は「真である」ことを意味表示し,「ありはしない」は真でなく,むしろ偽であることを意味表示する.肯定言明と否定言明についても同様である.例えば「ソクラテスが教養ある」とはそれが真であることであり,「ソクラテスは白くないものである」とはそれが真であることである.「対角線は共役的でありはしない」とは偽であることである.

ἔτι τὸ εἶναι σημαίνει καὶ τὸ ἔστιν ὅτι ἀληθές, τὸ δὲ μὴ εἶναι ὅτι οὐκ ἀληθὲς ἀλλὰ ψεῦδος, ὁμοίως ἐπὶ καταφάσεως καὶ ἀποφάσεως, οἷον ὅτι ἔστι Σωκράτης μουσικός, ὅτι ἀληθὲς τοῦτο, ἢ ὅτι ἔστι Σωκράτης οὐ λευκός, ὅτι ἀληθές: τὸ δ᾽ οὐκ ἔστιν ἡ διάμετρος σύμμετρος, ὅτι ψεῦδος.

さらに,「あること」や「あるもの」は,既に述べた以上の事柄のうち,あるものは可能的に語られ,あるときは完成的に語られる.というのも,「見る者である」と私たちが言うのは,可能的に見る者も,完成的に見る者もであり,また「知ること」も同様に,知識を用いうる者も,用いている者も〔知ると〕言われる.また休む者も,休息がそれに既に属するものも,休息しうるものも〔そう言われるのである〕.諸実体についても同様である.というのも,ヘルメースが石のうちにあると私たちは言い,半分が線に属し,またまだ熟していない穀物穀物と言う.いつ可能でありいつまだそうでないのかは,別の論考において規定されねばならない.

ἔτι τὸ εἶναι σημαίνει καὶ τὸ ὂν τὸ μὲν δυνάμει ῥητὸν τὸ δ᾽ ἐντελεχείᾳ τῶν εἰρημένων τούτων: ὁρῶν τε γὰρ εἶναί φαμεν καὶ τὸ δυνάμει ὁρῶν καὶ τὸ ἐντελεχείᾳ, καὶ τὸ ἐπίστασθαι ὡσαύτως καὶ τὸ δυνάμενον χρῆσθαι τῇ ἐπιστήμῃ καὶ τὸ χρώμενον, καὶ ἠρεμοῦν καὶ ᾧ ἤδη ὑπάρχει ἠρεμία καὶ τὸ δυνάμενον ἠρεμεῖν. ὁμοίως δὲ καὶ ἐπὶ τῶν οὐσιῶν: καὶ γὰρ Ἑρμῆν ἐν τῷ λίθῳ φαμὲν εἶναι, καὶ τὸ ἥμισυ τῆς γραμμῆς, καὶ σῖτον τὸν μήπω ἁδρόν. πότε δὲ δυνατὸν καὶ πότε οὔπω, ἐν ἄλλοις διοριστέον.

要旨

  • 付帯的な〈ある〉: X is Y. (例―― <X,Y> = <公正な者, 教養ある>,<人間, 教養ある>,<教養ある者, 人間>.)
    • X is not Y の場合も not Y が X に付帯する.
  • 自体的な〈ある〉: 述定の諸形式ごとに様々な意味を持つ.
    • 動詞も「分詞 + εἶναι」で同じ意味を表せる.
  • 真/偽を表す「ある」:「ソクラテスが教養ある」,「ソクラテスは白くないものである」(真),「対角線は共役的でありはしない」(偽).
  • 可能的に/完成的に語られる「ある」.