『ソフィスト』248e-249d 運動も静止もある

Sph. 248e6-249d5.


客人 では,ゼウスの名のもとで,どうだろうか.ほんとうに,運動や生命や魂や思慮は〈完全にあるもの〉のもとに現れえないということに,容易に私たちは説得されるだろうか.それが生きておらず,思慮せず,むしろ厳粛で神聖で,知性を持たず,不動なものとして立っているということが.

テアイテトス いや,お客人,恐るべき言論を私たちは承認することになるでしょうね.

客人 しかし,知性を持つが,生きていないと私たちは主張するだろうか.

テアイテトス どうして主張できるでしょうか.

客人 だが私たちは,これら両者は〈あるもの〉に内在するものであると語る一方で,しかし魂のうちでは〈あるもの〉はそれらを持たない,と主張するだろうか.

テアイテトス 他のどんな方式で持てるでしょうか.

客人 それではしかし,知性と生命と魂を持ちつつ,しかし,魂を持ちながら,全くもって不動で静止しているのか.

テアイテトス 私には,それらは全て不合理であるように思われます.

客人 また,運動するものも運動もあるものとして承認しなければならない.

テアイテトス もちろん.

客人 すると,テアイテトスよ,万物が不動であるとき,知性は何ものにも,何ものに関しても,どこにもありはしないことが帰結する.

テアイテトス ええ,まさしく.

客人 そして一方また,万物が移動し運動するものであると私たちが認めるなら,この言論によっても,私たちは同じこのものを〈あるもの〉どもから取り除くことになるだろう.

テアイテトス どうしてですか.

客人 同じ事柄に即して,同様に,同じものをめぐってあることが,静止なしに生じうると,君には思われるだろうか.

テアイテトス 決して.

客人 ではどうだろう.そうしたものなしに知性があり,あるいはどこであれどこかに生じるのを,君は見ることができるだろうか.

テアイテトス 全く.

客人 そしてさらに,知識や思慮や知性を隠しつつ,何かについてとにかく何らかの仕方で強弁するような人に対しては,あらゆる言論によって戦わねばならない.

テアイテトス まさしく.

客人 これら全てのことを尊重する哲学者にとっても,どうやら,以上のことゆえに,一,あるいはまた多くの形相を語る人々から,万物が静止しているということを受け入れないことも,また一方で〈あるもの〉をあらゆる仕方で動かす人々にも全く聞き従わないことも必要であり,子供たちの祈りにしたがって,不動のものと運動している限りのものの,その両方ともで,〈あるもの〉や〈万物〉はある,と言う必要があるのだ.

テアイテトス その通りです.

Ξένος ――τί δὲ πρὸς Διός; ὡς ἀληθῶς κίνησιν καὶ ζωὴν καὶ ψυχὴν καὶ φρόνησιν ἦ ῥᾳδίως πεισθησόμεθα τῷ παντελῶς ὄντι μὴ παρεῖναι, μηδὲ ζῆν αὐτὸ μηδὲ φρονεῖν, ἀλλὰ σεμνὸν καὶ ἅγιον, νοῦν οὐκ ἔχον, ἀκίνητον ἑστὸς εἶναι;

Θεαίτητος δεινὸν μεντἄν, ὦ ξένε, λόγον συγχωροῖμεν.

Ξένος ἀλλὰ νοῦν μὲν ἔχειν, ζωὴν δὲ μὴ φῶμεν;

Θεαίτητος καὶ πῶς;

Ξένος ἀλλὰ ταῦτα μὲν ἀμφότερα ἐνόντ᾽ αὐτῷ λέγομεν, οὐ μὴν ἐν ψυχῇ γε φήσομεν αὐτὸ ἔχειν αὐτά;

Θεαίτητος καὶ τίν᾽ ἂν ἕτερον ἔχοι τρόπον;

Ξένος ἀλλὰ δῆτα νοῦν μὲν καὶ ζωὴν καὶ ψυχὴν ἔχον, ἀκίνητον μέντοι τὸ παράπαν ἔμψυχον ὂν ἑστάναι;

Θεαίτητος πάντα ἔμοιγε ἄλογα ταῦτ᾽ εἶναι φαίνεται.

Ξένος καὶ τὸ κινούμενον δὴ καὶ κίνησιν συγχωρητέον ὡς ὄντα.

Θεαίτητος πῶς δ᾽ οὔ;

Ξένος συμβαίνει δ᾽ οὖν, ὦ Θεαίτητε, ἀκινήτων τε ὄντων \<πάντων> νοῦν μηδενὶ περὶ μηδενὸς εἶναι μηδαμοῦ.

Θεαίτητος κομιδῇ μὲν οὖν.

Ξένος καὶ μὴν ἐὰν αὖ φερόμενα καὶ κινούμενα πάντ᾽ εἶναι συγχωρῶμεν, καὶ τούτῳ τῷ λόγῳ ταὐτὸν τοῦτο ἐκ τῶν ὄντων ἐξαιρήσομεν.

Θεαίτητος πῶς;

Ξένος τὸ κατὰ ταὐτὰ καὶ ὡσαύτως καὶ περὶ τὸ αὐτὸ δοκεῖ σοι χωρὶς στάσεως γενέσθαι ποτ᾽ ἄν;

Θεαίτητος οὐδαμῶς.

Ξένος τί δ᾽; ἄνευ τούτων νοῦν καθορᾷς ὄντα ἢ γενόμενον ἂν καὶ ὁπουοῦν;

Θεαίτητος ἥκιστα.

Ξένος καὶ μὴν πρός γε τοῦτον παντὶ λόγῳ μαχετέον, ὃς ἂν ἐπιστήμην ἢ φρόνησιν ἢ νοῦν ἀφανίζων ἰσχυρίζηται περί τινος ὁπῃοῦν.

Θεαίτητος σφόδρα γε.

Ξένος τῷ δὴ φιλοσόφῳ καὶ ταῦτα μάλιστα τιμῶντι πᾶσα, ὡς ἔοικεν, ἀνάγκη διὰ ταῦτα μήτε τῶν ἓν ἢ καὶ τὰ πολλὰ εἴδη λεγόντων τὸ πᾶν ἑστηκὸς ἀποδέχεσθαι, τῶν τε αὖ πανταχῇ τὸ ὂν κινούντων μηδὲ τὸ παράπαν ἀκούειν, ἀλλὰ κατὰ τὴν τῶν παίδων εὐχήν, ὅσα ἀκίνητα καὶ κεκινημένα, τὸ ὄν τε καὶ τὸ πᾶν συναμφότερα λέγειν.

Θεαίτητος ἀληθέστατα.

要約

万物が不動であるとしても,万物が運動するとしても,不合理.なぜならば:

  • 〈あるもの〉は知性を持つはずであり,ゆえに生きており,ゆえに魂を持ち,ゆえに運動する.〔対偶を取ると〕万物が不動であれば知性は存在しない.
  • 一方で,知性は,同じ事柄に即して,同様に,同じものをめぐってある事柄を必要とする.そしてそうした事柄は,静止を必要とする.

ゆえに,〈あるもの〉や万物は不動のものどもと運動するものどもの両方でなければならない.

先行研究

  • 他著作でプラトンはしばしば,イデアの領域を〈あるもの〉の領域として,感覚対象たる個別者の〈生成するもの〉の領域と区別する (R. 6-7, Ti. 27d5-28a4).『ソフィスト』のこの時点では全ての変化するものを〈あるもの〉とする.この不整合を思想の発展と見るかは部分的には relative chronology の問題となる (Crivelli).