『ソフィスト』248a-e 形相の友は実在の認識を作用とみなしえない

Sph. 248a4-e6.


客人 もう一方の人々,すなわち形相の友人たちの方へと進もう.私たちのために,彼らから言われることどもをも,君が解釈してくれ.

テアイテトス そうしましょう.

客人 「生成を,実体とおそらく別々に切り離して,あなた方は語っているのではないか」.

テアイテトス 「ええ」.

客人 「そして私たちが身体により,生成と,感覚を通じて関わり,推論を通じて魂によって真に実在であるものに対して関わりを持つのであり,その実在はつねに同様に同じ仕方であるが,生成は別のときには別様にあるのだ,とあなた方は主張するのか」.

テアイテトス 「そう主張しますとも」.

客人 万人のうちで最も優れた人々よ,「関わりを持つということ」は両方の場合に何を述べていると主張するのか.それは,いま私たちから述べられたことではないだろうか.

テアイテトス 「どのようなことですか」.

客人 「何らかの力からの,互いへとぶつかるものどもから生じる受動作用や作用だ」.さて,テアイテトスよ,こうした事柄に対する彼らの応答を,君ははっきりと聞き取れないかもしれないが,私は慣れ親しんでいるから,おそらくはっきりと聞き取ることができる.

テアイテトス では,どのような言論を彼らは語っているのでしょうか.

客人 土生まれの人々に対して実在に関していま語られた事柄を,彼らは私たちに承認しないのだ.

テアイテトス どのようなことをですか.

客人 被ることや,ほんのわずかなものに対してさえなすことの力が何かに現れているとき,〈あるもの〉どもの規定を充分であると私たちは規定していたのではないか.

テアイテトス ええ.

客人 こうした事柄に対して,次のことを彼らは述べている.すなわち,生成の方は被ることや作用することの力に与るが,実在に対してはそれらのどちらの力も適合しないのだと,彼らは主張するのだ.

テアイテトス それなら,彼らは何ごとかを述べているのではないでしょうか.

客人 まさにそのことに対して,私たちは次のように言わねばならない.私たちは彼らからさらに,次のことをより明瞭に聞き知る必要がある.すなわち,魂が認識する一方で,実体は認識されるのだということに,彼らは付け加えて同意するかどうかを.

テアイテトス そのことなら,彼らはそう述べますとも.

客人 「ではどうだろう.認識することや認識されることは,作用か,受動状態か,それともその両方だろうか.あるいは一方が受動作用で,もう一方はそうでない方なのだろうか.それとも,それらのどちらも,どちらにも全く与らないのだろうか」.

テアイテトス 「どちらもどちらにも与らない」のは明らかです.というのも,そうでなければ,以前の議論と反対のことを言うことになるでしょうから.

客人 分かった.つまりこういうわけだ.「認識することが何かを作用することであるだろう以上は,認識されるものの方は必然的に被ることであるということが帰結する.この言論に従うなら,実在は,認識によって認識されるとき,それが認識される限りで,作用を受けることによって動かされるのであり,それは静止しているものに関しては生じ得ないのだ,と私たちは主張する」.

テアイテトス その通りです.

Ξένος πρὸς δὴ τοὺς ἑτέρους ἴωμεν, τοὺς τῶν εἰδῶν φίλους: σὺ δ᾽ ἡμῖν καὶ τὰ παρὰ τούτων ἀφερμήνευε.

Θεαίτητος ταῦτ᾽ ἔσται.

Ξένος "γένεσιν, τὴν δὲ οὐσίαν χωρίς που διελόμενοι λέγετε; ἦ γάρ;"

Θεαίτητος "ναί."

Ξένος "καὶ σώματι μὲν ἡμᾶς γενέσει δι᾽ αἰσθήσεως κοινωνεῖν, διὰ λογισμοῦ δὲ ψυχῇ πρὸς τὴν ὄντως οὐσίαν, ἣν ἀεὶ κατὰ ταὐτὰ ὡσαύτως ἔχειν φατέ, γένεσιν δὲ ἄλλοτε ἄλλως."

Θεαίτητος "φαμὲν γὰρ οὖν."

Ξένος "τὸ δὲ δὴ κοινωνεῖν, ὦ πάντων ἄριστοι, τί τοῦθ᾽ ὑμᾶς ἐπ᾽ ἀμφοῖν λέγειν φῶμεν; ἆρ᾽ οὐ τὸ νυνδὴ παρ᾽ ἡμῶν ῥηθέν;"

Θεαίτητος "τὸ ποῖον;"

Ξένος "πάθημα ἢ ποίημα ἐκ δυνάμεώς τινος ἀπὸ τῶν πρὸς ἄλληλα συνιόντων γιγνόμενον." ――τάχ᾽ οὖν, ὦ Θεαίτητε, αὐτῶν τὴν πρὸς ταῦτα ἀπόκρισιν σὺ μὲν οὐ κατακούεις, ἐγὼ δὲ ἴσως διὰ συνήθειαν.

Θεαίτητος τίν᾽ οὖν δὴ λέγουσι λόγον;

Ξένος οὐ συγχωροῦσιν ἡμῖν τὸ νυνδὴ ῥηθὲν πρὸς τοὺς γηγενεῖς οὐσίας πέρι.

Θεαίτητος τὸ ποῖον;

Ξένος ἱκανὸν ἔθεμεν ὅρον που τῶν ὄντων, ὅταν τῳ παρῇ ἡ τοῦ πάσχειν ἢ δρᾶν καὶ πρὸς τὸ σμικρότατον δύναμις;

Θεαίτητος ναί.

Ξένος πρὸς δὴ ταῦτα τόδε λέγουσιν, ὅτι "γενέσει μὲν μέτεστι τοῦ πάσχειν καὶ ποιεῖν δυνάμεως," πρὸς δὲ οὐσίαν τούτων οὐδετέρου τὴν δύναμιν ἁρμόττειν φασίν.

Θεαίτητος οὐκοῦν λέγουσί τι;

Ξένος πρὸς ὅ γε λεκτέον ἡμῖν ὅτι δεόμεθα παρ᾽ αὐτῶν ἔτι πυθέσθαι σαφέστερον εἰ προσομολογοῦσι τὴν μὲν ψυχὴν γιγνώσκειν, τὴν δ᾽ οὐσίαν γιγνώσκεσθαι.

Θεαίτητος φασὶ μὴν τοῦτό γε.

Ξένος "τί δέ; τὸ γιγνώσκειν ἢ τὸ γιγνώσκεσθαί φατε ποίημα ἢ πάθος ἢ ἀμφότερον; ἢ τὸ μὲν πάθημα, τὸ δὲ θάτερον; ἢ παντάπασιν οὐδέτερον οὐδετέρου τούτων μεταλαμβάνειν;"

Θεαίτητος δῆλον ὡς "οὐδέτερον οὐδετέρου": τἀναντία γὰρ ἂν τοῖς ἔμπροσθεν λέγοιεν.

Ξένος μανθάνω: τόδε γε, ὡς "τὸ γιγνώσκειν εἴπερ ἔσται ποιεῖν τι, τὸ γιγνωσκόμενον ἀναγκαῖον αὖ συμβαίνει πάσχειν. τὴν οὐσίαν δὴ κατὰ τὸν λόγον τοῦτον γιγνωσκομένην ὑπὸ τῆς γνώσεως, καθ᾽ ὅσον γιγνώσκεται, κατὰ τοσοῦτον κινεῖσθαι διὰ τὸ πάσχειν, ὃ δή φαμεν οὐκ ἂν γενέσθαι περὶ τὸ ἠρεμοῦν."

Θεαίτητος ὀρθῶς.

要約

形相の友との対話に移る.私たちは身体・感覚を通じて生成に関わりコイノーネイン,推論を通じて実在に関わる.だが,形相の友は,生成との関わりを作用・受動として捉えるが,実在は同様には捉えない.

先行研究

  • διὰ συνήθειαν: If the Stranger is speaking in his own person,these words may naturally enough point to the contemporary Eleatics, i.e. the school of Megara. But if Platonists are meant, the author must be supposed to speak from behind the mask; as happens sometimes in the Laws. Cf. Rep. 9, 583. (Campbell)