『ソフィスト』245e-246e 「巨人族の戦い」の導入

Sph. 245e-246e.


客人 では,〈あるもの〉と〈ありはしないもの〉について仔細に論じる人々については,全員を論じてはいないが,それでも十分であることにしよう.今度は別様に語る人々を見なければならない.〈あるもの〉が〈ありはしないもの〉に比べて,一体何であるのかを言うことがより容易なわけでは全くないということを,あらゆる点から見るためにね.

テアイテトス ええ,それらの方へも歩んでゆく必要があります.

客人 そしてまた,彼らのうちでは,実在ウーシアをめぐる相互の論争ゆえに,巨人族の戦いのようなものが見られるのだ.

テアイテトス どうしてですか.

客人 一方の人々は,天すなわち見えざるものから万物を地上へと引きずり下ろすのだ––まさしく岩々や木々を両手に抱えながら.というのも,そうしたもの全てを捕まえながら,何らかの手応えと手触りを与えるもののみがあると断言するのだから.物体と実在は同一であると規定し,他のものどもの何かが物体を持たないと誰かが言えば,全くもって軽蔑し,他のことを何ひとつ聞こうとせずにね.

テアイテトス 実に恐ろしい人々のことを語られましたね.というのも,私も既に多くのそうした人々に出くわしましたから.

客人 したがって,そうした人々に対して論争する人々は,非常に用心深く,どこか上方の天空から自衛するのだ,思惟される非物体的な何らかの諸形相が真なる実在であると言い立てながら.先の人々の諸物体と,先の人々が真理であると語ることを,言論の中で細かく粉砕して,実在の代わりにもたらされた何らかの生成であると呼ぶのだ.両者の間には,テアイテトスよ,これらのことをめぐる果てしないある種の戦いが,つねに行われているのだ.

テアイテトス その通りです.

客人 それでは,両種族から,彼らが実在として立てるものについての言論を得ようではないか.

テアイテトス では,どのようにして得ましょうか.

客人 形相のうちに実在を措定する人々から得るのは簡単だ,より穏やかだから.物体へと無理に引きずり下ろす人々から得るのはより難しいし,おそらくはほとんど不可能でもある.だが,私が思うに,彼らに関しては次のようになすべきだろう.

テアイテトス どのようにですか.

客人 一方でまず,できることなら,彼らを実際により優れた人々にすることだ.そうする余地がないなら,言論の上でそうして,彼らがいまより慣習に適った仕方で答えようという気になっているものと想定しよう.というのも,より優れた人々から同意された事柄は,より劣った人々から同意された事柄よりいっそう権威があるから.他方でしかし私たちは,彼らのことを気にかけているわけではなく,真理を探求しているのだ.

テアイテトス その通りです.

Ξένος τοὺς μὲν τοίνυν διακριβολογουμένους ὄντος τε πέρι καὶ μή, πάντας μὲν οὐ διεληλύθαμεν, ὅμως δὲ ἱκανῶς ἐχέτω: τοὺς δὲ ἄλλως λέγοντας αὖ θεατέον, ἵν᾽ ἐκ πάντων ἴδωμεν ὅτι τὸ ὂν τοῦ μὴ ὄντος οὐδὲν εὐπορώτερον εἰπεῖν ὅτι ποτ᾽ ἔστιν.

Θεαίτητος οὐκοῦν πορεύεσθαι χρὴ καὶ ἐπὶ τούτους.

Ξένος καὶ μὴν ἔοικέ γε ἐν αὐτοῖς οἷον γιγαντομαχία τις εἶναι διὰ τὴν ἀμφισβήτησιν περὶ τῆς οὐσίας πρὸς ἀλλήλους.

Θεαίτητος πῶς;

Ξένος οἱ μὲν εἰς γῆν ἐξ οὐρανοῦ καὶ τοῦ ἀοράτου πάντα ἕλκουσι, ταῖς χερσὶν ἀτεχνῶς πέτρας καὶ δρῦς περιλαμβάνοντες. τῶν γὰρ τοιούτων ἐφαπτόμενοι πάντων διισχυρίζονται τοῦτο εἶναι μόνον ὃ παρέχει προσβολὴν καὶ ἐπαφήν τινα, ταὐτὸν σῶμα καὶ οὐσίαν ὁριζόμενοι, τῶν δὲ ἄλλων εἴ τίς <τι> φήσει μὴ σῶμα ἔχον εἶναι, καταφρονοῦντες τὸ παράπαν καὶ οὐδὲν ἐθέλοντες ἄλλο ἀκούειν.

Θεαίτητος ἦ δεινοὺς εἴρηκας ἄνδρας: ἤδη γὰρ καὶ ἐγὼ τούτων συχνοῖς προσέτυχον.

Ξένος τοιγαροῦν οἱ πρὸς αὐτοὺς ἀμφισβητοῦντες μάλα εὐλαβῶς ἄνωθεν ἐξ ἀοράτου ποθὲν ἀμύνονται, νοητὰ ἄττα καὶ ἀσώματα εἴδη βιαζόμενοι τὴν ἀληθινὴν οὐσίαν εἶναι: τὰ δὲ ἐκείνων σώματα καὶ τὴν λεγομένην ὑπ᾽ αὐτῶν ἀλήθειαν κατὰ σμικρὰ διαθραύοντες ἐν τοῖς λόγοις γένεσιν ἀντ᾽ οὐσίας φερομένην τινὰ προσαγορεύουσιν. ἐν μέσῳ δὲ περὶ ταῦτα ἄπλετος ἀμφοτέρων μάχη τις, ὦ Θεαίτητε, ἀεὶ συνέστηκεν.

Θεαίτητος ἀληθῆ.

Ξένος παρ᾽ ἀμφοῖν τοίνυν τοῖν γενοῖν κατὰ μέρος λάβωμεν λόγον ὑπὲρ ἧς τίθενται τῆς οὐσίας.

Θεαίτητος πῶς οὖν δὴ ληψόμεθα;

Ξένος παρὰ μὲν τῶν ἐν εἴδεσιν αὐτὴν τιθεμένων ῥᾷον, ἡμερώτεροι γάρ: παρὰ δὲ τῶν εἰς σῶμα πάντα ἑλκόντων βίᾳ χαλεπώτερον, ἴσως δὲ καὶ σχεδὸν ἀδύνατον. ἀλλ᾽ ὧδέ μοι δοκεῖ δεῖν περὶ αὐτῶν δρᾶν.

Θεαίτητος πῶς;

Ξένος μάλιστα μέν, εἴ πῃ δυνατὸν ἦν, ἔργῳ βελτίους αὐτοὺς ποιεῖν: εἰ δὲ τοῦτο μὴ ἐγχωρεῖ, λόγῳ ποιῶμεν, ὑποτιθέμενοι νομιμώτερον αὐτοὺς ἢ νῦν ἐθέλοντας ἂν ἀποκρίνασθαι. τὸ γὰρ ὁμολογηθὲν παρὰ βελτιόνων που κυριώτερον ἢ τὸ παρὰ χειρόνων: ἡμεῖς δὲ οὐ τούτων φροντίζομεν, ἀλλὰ τἀληθὲς ζητοῦμεν.

Θεαίτητος ὀρθότατα.

要約

〈あるもの〉と〈ありはしないもの〉という語によって仔細に論じる人々とは別の論じ方をする人々がある: 物体論者と形相の友.前者は物体のみが実在ウーシアであると考え,非物体的なものを頭から拒否する.後者は思惟される非物体的な形相を実在であると考え,物体を実在ならぬ生成とみなす.前者はそもそも議論の相手としにくいので,議論を進めるため,専ら言論の中で議論の規則に従わせることにする.

先行研究

  • τοὺς μὲν τοίνυν ...: "Well then, concering those who treat exactly of Being and Not-Being, let so much suffice ... We must now turn and look at others who speak less precisely ..." (Campbell); "a transition from the discussion of theories that state how many beings there are to that of theories that state what beings are like" (Crivelli).
  • περὶ τῆς οὐσίας: No longer τοῦ ὄντος (Campbell).
  • 形相の友とプラトンとの距離については議論がある (Crivelli).
  • τὴν λεγομένην ὑπ᾽ αὐτῶν ἀλήθειαν: ἀλήθεια, = reality, seems to have been a favourite term with the opponents of ideal philosophy in Greece. Cf. Tht. 152d (Campbell).
  • νομιμώτερον: More in accordance with the acknowledged rules of argument (Campbell).