『ソフィスト』243a-c 〈あるもの〉を含む諸概念への論点の拡大

Sph. 243a2-c9.


客人 ––これら全てのことを,これらの人々の誰かが真なる仕方で述べていたのかどうかは難しく,このように重大な事柄について高名であり古の人々を非難するのは誤っている.だが,次のことははっきり述べても1差し支えない.

テアイテトス どのようなことですか.

客人 彼らは私たち大衆をあまりに見下し軽んじていたということだ.というのも,私たちがついてゆこうと,取り残されようと,全く顧慮せずに語っており,各人で自分の話を終えてしまうのだから.

テアイテトス どうしてそう仰るのですか.

客人 彼らのある人が,語りながら,多または一または二が,また一方では,別のどこかで分離と結合とを仮設して,冷と混合した熱が,あるとか生じたとか生じているとか言い表しているとき,これらの何かについて,テアイテトスよ,神かけて君は,彼らの述べることがそのつどわかるだろうか.私はと言えば,若かったときには,現在のこの困難,すなわち〈ありはしないもの〉を誰かが語ったとき,正確にわかったものと考えていた.しかし今は,これをめぐっていかなる困難に私たちがあるかを,君は見ているのだ.

テアイテトス 見ています.

客人 だからおそらくは,〈あるもの〉に関しても劣らぬくらい同じこの状態を心のうちに抱いているのだが,私たちは,これに関しては困難を抱えておらず,ひとがこれを言い表すときに理解しているが,もう一方に関してはそうではないと述べているのだ.両者に対して同様のあり方をしているのに.

テアイテトス おそらく.

客人 私たちがすでに述べた他のことどもについても,この同じことを言わねばならないだろう.

テアイテトス もちろん.

Ξένος ... ταῦτα δὲ πάντα εἰ μὲν ἀληθῶς τις ἢ μὴ τούτων εἴρηκε, χαλεπὸν καὶ πλημμελὲς οὕτω μεγάλα κλεινοῖς καὶ παλαιοῖς ἀνδράσιν ἐπιτιμᾶν: ἐκεῖνο δὲ ἀνεπίφθονον ἀποφήνασθαι—

Θεαίτητος τὸ ποῖον;

Ξένος ὅτι λίαν τῶν πολλῶν ἡμῶν ὑπεριδόντες ὠλιγώρησαν: οὐδὲν γὰρ φροντίσαντες εἴτ᾽ ἐπακολουθοῦμεν αὐτοῖς λέγουσιν εἴτε ἀπολειπόμεθα, περαίνουσι τὸ σφέτερον αὐτῶν ἕκαστοι.

Θεαίτητος πῶς λέγεις;

Ξένος ὅταν τις αὐτῶν φθέγξηται λέγων ὡς ἔστιν ἢ γέγονεν ἢ γίγνεται πολλὰ ἢ ἓν ἢ δύο, καὶ θερμὸν αὖ ψυχρῷ συγκεραννύμενον, ἄλλοθί πῃ διακρίσεις καὶ συγκρίσεις ὑποτιθείς, τούτων, ὦ Θεαίτητε, ἑκάστοτε σύ τι πρὸς θεῶν συνίης ὅτι λέγουσιν; ἐγὼ μὲν γὰρ ὅτε μὲν ἦν νεώτερος, τοῦτό τε τὸ νῦν ἀπορούμενον ὁπότε τις εἴποι, τὸ μὴ ὄν, ἀκριβῶς ᾤμην συνιέναι. νῦν δὲ ὁρᾷς ἵν᾽ ἐσμὲν αὐτοῦ πέρι τῆς ἀπορίας.

Θεαίτητος ὁρῶ.

Ξένος τάχα τοίνυν ἴσως οὐχ ἧττον κατὰ τὸ ὂν ταὐτὸν τοῦτο πάθος εἰληφότες ἐν τῇ ψυχῇ περὶ μὲν τοῦτο εὐπορεῖν φαμεν καὶ μανθάνειν ὁπόταν τις αὐτὸ φθέγξηται, περὶ δὲ θάτερον οὔ, πρὸς ἀμφότερα ὁμοίως ἔχοντες.

Θεαίτητος ἴσως.

Ξένος καὶ περὶ τῶν ἄλλων δὴ τῶν προειρημένων ἡμῖν ταὐτὸν τοῦτο εἰρήσθω.

Θεαίτητος πάνυ γε.

要約

古人の言説は「ある」「生じる」「生じた」「多」「一」「二」「熱」「冷」「分離」「結合」といった (もはや) 理解しがたい言葉づかいをして,私たちの理解を置いてけぼりにしている.(先ほどは〈ありはしないもの〉だけが問題になっていたが) 今や〈あるもの〉や以上の他の諸概念にも隠れた困難があるかもしれない.

先行研究

  • ὑπεριδόντες: "Looking over our heads." This was the error which Dialectic, or the Socratic dialogue, was calculated to remedy. Cf. Phaedr. 275d, e. (Campbell)

  1. 藤沢訳に従う.LSJ によれば epic use. しかし ‘deny’ では文脈上意味が通らない.