『ソフィスト』242b-243a 〈あるもの〉の数とあり方に関する先行学説

Sph. 242b6-243a1.

客人 さあそれでは,冒険的な言論の,何を始まりとすることができるだろうか.君,私には,この道筋を辿ることが私たちにぜひ必要であると思われるのだ.

テアイテトス どのような道筋ですか.

客人 いま明らかであると考えられている事柄をまず考察するという道筋だ.それらについて私たちが何らか混乱しているのに,明晰であるということで互いに容易に同意することのないように.

テアイテトス 仰っていることを,もっと明瞭に仰ってください.

客人 私には,パルメニデスや,〈あるもの〉どもがどれだけあり,どのようにあるかを規定するという裁定へと一目散に向かっていったこれまでの全ての人々は,気安く私たちに語りかけていたように思われるのだ.

テアイテトス どういう仕方でですか.

客人 各人が何らかの物語を,私たちが子供であるかのように,私たちに語っているように思われるのだ.ある人は,〈あるもの〉どもは三つあり,そのあるものは互いと戦い,あるときはまた友人ともなって,結婚し,子をなし,生まれた子たちを養うのだ.他の人は,二つである,すなわち湿ったものと乾いたもの,あるいは熱いものと冷たいものであると言い,それらを共に住まわせ,嫁がせている.私たちのところのエレア派の人々は,クセノファネスから,またさらにそれ以前から始まるのだが,万物と呼ばれるものは一つであるとして,物語によって叙述している.イオニアと,後のシケリアのあるムーサたちは,両方を結びあわせ,〈あるもの〉が他でありかつ一であり,憎悪と友愛によって統合されていると言うのが,最も安全であると省察した.すなわち,「つねに,不和になりつつ合致するのだ」と,比較的激しい調子のムーサたちは主張する.一方で,より穏やかな調子のムーサたちは,それらがつねにそうであるという点を緩め,万物は順々に,時にはアフロディーテーによって一であり和合する一方,時には多であり,一種の争いゆえにあるものが別のものと敵対するのだと主張する.

Ξένος φέρε δή, τίνα ἀρχήν τις ἂν ἄρξαιτο παρακινδυνευτικοῦ λόγου; δοκῶ μὲν γὰρ τήνδ᾽, ὦ παῖ, τὴν ὁδὸν ἀναγκαιοτάτην ἡμῖν εἶναι τρέπεσθαι.

Θεαίτητος ποίαν δή;

Ξένος τὰ δοκοῦντα νῦν ἐναργῶς ἔχειν ἐπισκέψασθαι πρῶτον, μή πῃ τεταραγμένοι μὲν ὦμεν περὶ ταῦτα, ῥᾳδίως δ᾽ ἀλλήλοις ὁμολογῶμεν ὡς εὐκρινῶς ἔχοντες.

Θεαίτητος λέγε σαφέστερον ὃ λέγεις.

Ξένος εὐκόλως μοι δοκεῖ Παρμενίδης ἡμῖν διειλέχθαι καὶ πᾶς ὅστις πώποτε ἐπὶ κρίσιν ὥρμησε τοῦ τὰ ὄντα διορίσασθαι πόσα τε καὶ ποῖά ἐστιν.

Θεαίτητος πῇ;

Ξένος μῦθόν τινα ἕκαστος φαίνεταί μοι διηγεῖσθαι παισὶν ὡς οὖσιν ἡμῖν, ὁ μὲν ὡς τρία τὰ ὄντα, πολεμεῖ δὲ ἀλλήλοις ἐνίοτε αὐτῶν ἄττα πῃ, τοτὲ δὲ καὶ φίλα γιγνόμενα γάμους τε καὶ τόκους καὶ τροφὰς τῶν ἐκγόνων παρέχεται: δύο δὲ ἕτερος εἰπών, ὑγρὸν καὶ ξηρὸν ἢ θερμὸν καὶ ψυχρόν, συνοικίζει τε αὐτὰ καὶ ἐκδίδωσι: τὸ δὲ παρ᾽ ἡμῖν Ἐλεατικὸν ἔθνος, ἀπὸ Ξενοφάνους τε καὶ ἔτι πρόσθεν ἀρξάμενον, ὡς ἑνὸς ὄντος τῶν πάντων καλουμένων οὕτω διεξέρχεται τοῖς μύθοις. Ἰάδες δὲ καὶ Σικελαί τινες ὕστερον Μοῦσαι συνενόησαν ὅτι συμπλέκειν ἀσφαλέστατον ἀμφότερα καὶ λέγειν ὡς τὸ ὂν πολλά τε καὶ ἕν ἐστιν, ἔχθρᾳ δὲ καὶ φιλίᾳ συνέχεται. "διαφερόμενον γὰρ ἀεὶ συμφέρεται," φασὶν αἱ συντονώτεραι τῶν Μουσῶν: αἱ δὲ μαλακώτεραι τὸ μὲν ἀεὶ ταῦτα οὕτως ἔχειν ἐχάλασαν, ἐν μέρει δὲ τοτὲ μὲν ἓν εἶναί φασι τὸ πᾶν καὶ φίλον ὑπ᾽ Ἀφροδίτης, τοτὲ δὲ πολλὰ καὶ πολέμιον αὐτὸ αὑτῷ διὰ νεῖκός τι.

要約

客人は「明らかであると思われることから考察する」という指針を示す.実際は混乱していることを所与としないためである.これに関連して,「物語を語る」先行学説が批判される: (1) 〈あるもの〉は三つあるとする説,(2) 二つであるとする説,(3) 一つであるとする説 (エレア派),(4) 一かつ多であるとする説 (「激しい」ヘラクレイトス派と「穏やかな」人々).

先行研究

  • 各学説のアイデンティティについて (Campbell): (1) は詳細不明 (probably some belinging to the earlier Ionic school ... Pherecydes might be said to have asserted three principles, Zeus, Time, and Earth),(2) にはアルケラオスが含まれると思われる (DL II.16, 17).(4) Ἰάδες-Μοῦσαι: エンペドクレス (cf. Symp. 187).