『ソフィスト』241b-242b 虚偽の可能性の擁護はパルメニデス批判の契機を含む

Sph. 241b4-242b5.


客人 正しく思い出してくれた.しかし今や,ソフィストに関して何をなすかを熟慮しなければならない.諸々の異論と困難が,もし私たちが彼を虚偽をなす人々,すなわちいかさま師の技術のうちに措定して探究するなら,いかに容易にかつ数多く生じるかを,君は見ているのだから.

テアイテトス ええ,大いに.

客人 そして,それらが言ってみれば無限にあるのに対して,私たちが述べたのは,それらのごく一部分だ.

テアイテトス もしそうなら,どうやらソフィストを捉えることは全く不可能であるのかもしれません.

客人 ではどうだろう.いま私たちは意気阻喪して引き下がろうか.

テアイテトス 私は,そうすべきではない,と主張します.もし,なんとかして少しでも,あの男に手を届かせることが私たちにできるのなら.

客人 では,なんとかして少しでも,かように強力な議論から私たち自身を引き剥がすなら,君は許してくれるし,いま君が言ったように,愛おしんでくれるのだね.

テアイテトス もちろんそうするでしょう.

客人 ではさらに,次のことを君に頼もう.

テアイテトス どんなことをですか.

客人 私が父親殺しのような者になっていると考えないでほしい.

テアイテトス 一体どういうことですか.

客人 私たちが自衛するためには,父パルメニデスの言論を尋問にかけて,〈ありはしないもの〉がある点ではあり,一方で〈あるもの〉は何らかの仕方でありはしないということを無理やりに論じる必要があるのだ.

テアイテトス そうしたことに関して,議論において戦い抜かなければならないことは,明らかです.

客人 もちろん今言われたことは明らかだ,盲人にとってもね.というのも,これらが論駁されず合意もされないなら,虚偽の言論あるいは考えをめぐって――それがエイドーローンであれ似姿エイコノーンであれ,模倣物ミーメーマトーンであれ見かけの姿ファンタスマトーンであれ――,あるいはこれらをめぐる限りの諸技術について,ひとが語りながら,自分自身と反対のことを言うことを強いられて笑いものにならないということは,ほとんどできないだろうから.

テアイテトス 全くもってその通りです.

客人 しかるに,そうしたことゆえに,今や父の言論に敢えて攻撃を加えようと試みねばならないのだ.あるいは完全に譲歩しなければならない,もし何らかのためらいがこれをすることを妨げるなら.

テアイテトス いや,このことに関しては,何ものも決して,私たちを妨げはしないでしょう.

客人 ではさらに第三に,ある小さなことを君に頼もう.

テアイテトス ただ仰ってください.

客人 私はつい先ほど語りながら,こうしたことに関する論駁に対して私はいつも疲れ果てているし,また今もそうだと言ったように思う.

テアイテトス そう仰いました.

客人 以前に述べたことについて私は恐れているのだ,それのゆえに私が君に,一歩ごとに私自身をあちらこちらに変えているために,気が触れているように思われるのではないかとね.実際,議論を論駁しようと私たちが試みているのは,君のためなのだから――論駁するとすればね.

テアイテトス では,この論駁と論証にあなたが向かわれるなら,少なくとも私は,決しておかしなことになっていると思いませんから,それに関しては躊躇うことなくなさってください.

Ξένος ὀρθῶς ἀπεμνημόνευσας. ἀλλ᾽ ὥρα δὴ βουλεύεσθαι τί χρὴ δρᾶν τοῦ σοφιστοῦ πέρι: τὰς γὰρ ἀντιλήψεις καὶ ἀπορίας, ἐὰν αὐτὸν διερευνῶμεν ἐν τῇ τῶν ψευδουργῶν καὶ γοήτων τέχνῃ τιθέντες, ὁρᾷς ὡς εὔποροι καὶ πολλαί.

Θεαίτητος καὶ μάλα.

Ξένος μικρὸν μέρος τοίνυν αὐτῶν διεληλύθαμεν, οὐσῶν ὡς ἔπος εἰπεῖν ἀπεράντων.

Θεαίτητος ἀδύνατόν γ᾽ ἄρα, ὡς ἔοικεν, \<ἄν> εἴη τὸν σοφιστὴν ἑλεῖν, εἰ ταῦτα οὕτως ἔχει.

Ξένος τί οὖν; οὕτως ἀποστησόμεθα νῦν μαλθακισθέντες;

Θεαίτητος οὔκουν ἔγωγέ φημι δεῖν, εἰ καὶ κατὰ σμικρὸν οἷοί τ᾽ ἐπιλαβέσθαι πῃ τἀνδρός ἐσμεν.

Ξένος ἕξεις οὖν συγγνώμην καὶ καθάπερ νῦν εἶπες ἀγαπήσεις ἐάν πῃ καὶ κατὰ βραχὺ παρασπασώμεθα οὕτως ἰσχυροῦ λόγου;

Θεαίτητος πῶς γὰρ οὐχ ἕξω;

Ξένος τόδε τοίνυν ἔτι μᾶλλον παραιτοῦμαί σε.

Θεαίτητος τὸ ποῖον;

Ξένος μή με οἷον πατραλοίαν ὑπολάβῃς γίγνεσθαί τινα.

Θεαίτητος τί δή;

Ξένος τὸν τοῦ πατρὸς Παρμενίδου λόγον ἀναγκαῖον ἡμῖν ἀμυνομένοις ἔσται βασανίζειν, καὶ βιάζεσθαι τό τε μὴ ὂν ὡς ἔστι κατά τι καὶ τὸ ὂν αὖ πάλιν ὡς οὐκ ἔστι πῃ.

Θεαίτητος φαίνεται τὸ τοιοῦτον διαμαχετέον ἐν τοῖς λόγοις.

Ξένος πῶς γὰρ οὐ φαίνεται καὶ τὸ λεγόμενον δὴ τοῦτο τυφλῷ; τούτων γὰρ μήτ᾽ ἐλεγχθέντων μήτε ὁμολογηθέντων σχολῇ ποτέ τις οἷός τε ἔσται περὶ λόγων ψευδῶν λέγων ἢ δόξης, εἴτε εἰδώλων εἴτε εἰκόνων εἴτε μιμημάτων εἴτε φαντασμάτων αὐτῶν, ἢ καὶ περὶ τεχνῶν τῶν ὅσαι περὶ ταῦτά εἰσι, μὴ καταγέλαστος εἶναι τά γ᾽ ἐναντία ἀναγκαζόμενος αὑτῷ λέγειν.

Θεαίτητος ἀληθέστατα.

Ξένος διὰ ταῦτα μέντοι τολμητέον ἐπιτίθεσθαι τῷ πατρικῷ λόγῳ νῦν, ἢ τὸ παράπαν ἐατέον, εἰ τοῦτό τις εἴργει δρᾶν ὄκνος.

Θεαίτητος ἀλλ᾽ ἡμᾶς τοῦτό γε μηδὲν μηδαμῇ εἴρξῃ.

Ξένος τρίτον τοίνυν ἔτι σε σμικρόν τι παραιτήσομαι.

Θεαίτητος λέγε μόνον.

Ξένος εἶπόν που νυνδὴ λέγων ὡς πρὸς τὸν περὶ ταῦτ᾽ ἔλεγχον ἀεί τε ἀπειρηκὼς ἐγὼ τυγχάνω καὶ δὴ καὶ τὰ νῦν.

Θεαίτητος εἶπες.

Ξένος φοβοῦμαι δὴ τὰ εἰρημένα, μή ποτε διὰ ταῦτά σοι μανικὸς εἶναι δόξω παρὰ πόδα μεταβαλὼν ἐμαυτὸν ἄνω καὶ κάτω. σὴν γὰρ δὴ χάριν ἐλέγχειν τὸν λόγον ἐπιθησόμεθα, ἐάνπερ ἐλέγχωμεν.

Θεαίτητος ὡς τοίνυν ἔμοιγε μηδαμῇ δόξων μηδὲν πλημμελεῖν, ἂν ἐπὶ τὸν ἔλεγχον τοῦτον καὶ τὴν ἀπόδειξιν ἴῃς, θαρρῶν ἴθι τούτου γε ἕνεκα.

要約

「虚偽をなす人々」としてソフィストを規定すると,〈ありはしないもの〉をめぐる上述の問題 (を含む無数の問題) が生じる (矛盾した語り方を強いられる).これを解決するには,「〈ありはしないもの〉がある / 〈あるもの〉はありはしない」ということを,パルメニデスに反して,認める議論をする必要がある.

先行研究

  • παρασπασώμεθα: Lit. "pul ourselves aside, draw aside;" i. e. release ourselves from the contest. ... The middle voice is here directly reflexive (Campbell).
  • βιάζεσθαι ὡς: The idea is not that of necessary demonstration, but that of establishing something against appearances (Campbell).