『魂について』III.4 知性認識のあり方.知性は可知的か

De An. III.4 429b10-430a9.


[429b10] 大きさと,大きさにとっての〈あること〉とは異なり,水と,水にとっての〈あること〉は異なるので (他の多くのものどもについてもそのようであるが,全てについてそうではない.というのも,幾つかのものは同一であるから),肉にとっての〈あることと〉を肉と,別のものによって,または別様にあるものによって,ひとは識別する.というのも,肉は質料を欠きはせず,むしろちょうど凹み鼻シーモンのように,これ〔=形相〕がそれ〔=質料〕のうちにあるのだ.

[429b14] したがって,感覚しうるものによって熱と冷を識別するのであって,肉はそれらの何らかの比率である.他の離在しうるものによってか,または,折れ曲がった線が,引き延ばされたときのそれ自身に対してあるようなものによって,肉にとっての〈あること〉をひとは識別する.他方,抽象におけるものどもについては,〈直〉が凹み鼻のようなものとなる.というのも,連続的なものに伴っているから.〈それにとってのあるとは何であったか〉は,〈直〉にとっての〈あること〉と〈直〉とが異なるなら,異なる.すなわち,二であるとしよう.したがって,別のものによって,または別様にあるものによって,ひとは識別する.したがって一般的に,諸事物が質料から離在しているような仕方で,知性に関することどももある.

[429b22] ひとはアナクサゴラスが主張したように,「もし知性が単純であり,非受動的であり,何ものとも何ら共通のものをもたないのだとして,知性認識するとは何らか作用を受けることであるのなら,いかにして知性認識するのだろうか」ということをアポリアーとするかもしれない.というのも,両方のものに共通のものが何か帰属する限りで,一方に作用することがあり,他方に作用を受けることがあると思われるから.

[429b26] さらに,〔知性〕それ自身も知性認識されうるのかどうか〔ということもアポリアーとするかもしれない〕.というのも,他のものに即してではなくそれ自身が知性認識されうるのであり,何か知性認識されうるものが形相の点で一つであるなら,他のものどもに知性が帰属するか,あるいは何か混ざり合ったものをもっており,その混ざり合ったものが他のものと同様に知性を知性認識されうるものにしているのだろうから.あるいは,一方で〈何か共通のものに即して作用を受けること〉が先ほど区分された.すなわち可能的には或る仕方で知性は知性認識されうるものだが,現実的には,知性認識するまでは,そうではない.可能的には,何ら書かれたものが現実的には帰属しない書字版におけるのと同様である.これこそ知性について起きていることなのだ.そして,知性認識されうるものどもと同様に,〔知性〕それ自身も知性認識されうる.というのも,質料なしにあるものについては,知性認識するものと,知性認識されるものは同一であるから.というのも,観照的学知とそのように学的に理解されうるものは同一であるから.つねに知性認識するわけではないということの原因が考究されねばならない.質料をもつものどものうちに知性認識されうるものどもの各々は可能的にある.したがって,質料をもつものどもには知性が帰属せず (というのも,知性はそうしたものどもの質料なき可能態だから),一方で知性には知性認識されうるものが帰属するだろうから.

要約

  • X にとっての〈あること〉と X とは原則的に異なる (e.g. 大きさ,水).
    • 特に X が結合体 (e.g. シーモス) である場合はそうである.
    • ひとは両者を (i) 別々の認識能力か,(ii) 同じ認識能力の別様の働きによって,識別する.
  • アナロジー:
    • ひとは (S1) 感覚器官によって (S2) 感覚対象の中から (S3) 肉を識別する.
    • ひとは (E1) 〔感覚器官とは〕別の離在するものか (E1')「伸びた線 / 折れ曲がった線」のような〔同じ認識能力の異なる発揮の仕方で〕,〔(E2) 様々な〈あること〉のうちで〕(E3) 肉にとっての〈あること〉を識別する.
  • アポリアー1: 知性が他のものと共通のものを持たず,それゆえ,作用し・作用を被ることがなければ,知性はいかにして知性認識するのか?
  • アポリアー2: 知性は知性を知性認識するか?
    • (a) 知性がそれ自体として知性認識され,(b) 知性認識されるものが形相的に一つなら,(I) 他の知性認識の対象に知性が帰属するか,(II) 知性が他のものと共通の何か混じったものを有するか,である.〔いずれも不合理: (II) はアポリアー1の前提に矛盾.〕
  • 解決: (a) は正しい.知性認識されうるものには可能態/現実態がある (b の部分的な否定).質料をもつ知性認識の対象に,知性認識されうるものは,もっぱら可能的にある.したがって知性は持たない (I の否定).質料なしにあるものについては,知性と知性認識の対象は同一 (II の部分的肯定).

先行研究

  • Polansky, 450n23: The contrast of bent and straight may be Aristotle's reformulation of Pl. Tim. 44a-c. 感覚対象への知性の働きは bent, 本質への働きは straight.

メモ

  • μέγεθος ≠ τὸ μεγέθει εἶναι だが καμπυλότης = τὸ καμπυλότητι εἶναι (cf. Met. 1037a33ff.) . 基準はどこにあるのか?
    • Polansky: 特に形相,i.e. the very being of things considered apart from any substrata, の場合は同一 (さもないと無限背進する).