『自然学』 A5 #3 原理の性質に関する先行学説の整理

Phys. 188b26-189a10.

[188b26] さて,先ほど述べたとおり,こうしたことに関するところまでは,他の人々の大多数も,ほとんど同じ道を辿っていた。というのも,全員が諸要素および彼らの所謂原理を,議論なしに立てているとはいえ,あたかも真理そのものに強制されているかのように,反対のものどもであると同様に語っているから。だが他方で,ある人々はより先なるものどもを把握し,別の人々はより後なるものどもを把握しているという点,すなわち,ある人々は言語に即してよりよく認識されるものを把握し,別の人々は感覚に即してよりよく認識されるものを把握するという点においては,彼らは互いに異なっている。(というのは,ある人々は熱と冷を,別の人々は湿と乾を,また別の人々は奇と偶を,あるいは憎悪と友愛を生成の原因として立てているから。これらは上述の仕方で互いに異なっている。) すると,ある仕方では同じことを述べており,また互いに異なることを述べていることになる。異なるというのは多くの人々にそう思われる通りにであり,同じであるのは類比の限りでそうである。というのも同じ双欄表から把握するからである。というのも,反対であるものどものうち,あるものどもは他のものを含み,別のものどもは他のものに含まれるからである。

[189a2] 事実この仕方で,彼らは同様に,かつ別様に語るのであり,また劣った仕方でも優れた仕方でも語るのであって,先述の通り,ある人々は言語に即してよりよく知られるものを語り,別の人々は感覚に即してよりよく知られるものを語る。(というのも,普遍は言語に即して認識され,個別的なものは感覚に即して認識されるから。というのも,言語は普遍に属し,感覚は部分的なものに属するから。) 例えば,大と小は言語に即して認識され,稀薄と濃密は感覚に即して認識される。かくして,原理が反対のものでなければならないことは,明らかである。

要約

  • 先行学説は「原理は反対のものである」という事実を,議論抜きにせよ言い当てている。包括性に違いはあれ,どれも肯定/否定の対から把握している。
  • 他方,先行学説は,原理を言語的に認識されるものと捉えるか,感覚的に認識されるものと捉えるかという点で異なる。

内容注

  • 言語に即して/感覚に即して原理を把握する: Judson, p.152 曰く Metaph. Λ1 1069a25-30 が並行箇所。ただし「感覚」側にエンペドクレスを置く点で類比が崩れる。Judson は,友愛と憎悪はものの構成要素でも変化の終端でもないという点で,これは驚くべき言及だと指摘する。('αἰτίας τῆς γενέσεως' という文言からして,ここで言う両者は宇宙の究極的な二状態ではなく,一種の始動因 (cf. Metaph. A4) であるはずである。) ーー 結局ここはアリストテレス自身の理路とは独立に読むべきということではないかと思う。
    • このペアを区別する基準が正確に言って何なのか,正直よくわからない。
  • 湿と乾 (ὑγρὸν καὶ ξηρόν): Ross, p.489 曰く 'Porphyry referred this, probably rightly, to Xenophanes (P.125.29). Cf. fr.29'.
  • 類比の限りで,同じ双欄表から: 一方が肯定的,他方は否定的という意味において (Ross, p.489)。