ブレンターノの判断論 Brandl, "Brentano's Theory of Judgement" #2

Johannes Brandl, “Brentano’s Theory of Judgement”, The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Summer 2014 Edition), Edward N. Zalta (ed.). 標記の SEP の記事を読む。前半も参照。

ブレンターノの判断論 Brandl, "Brentano's Theory of Judgement" #1

SEP

Johannes Brandl, “Brentano’s Theory of Judgement”, The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Summer 2014 Edition), Edward N. Zalta (ed.). 標記の SEP の記事を読む。長いので二回に分ける。直接の目的は P. Simons, “Brentano’s Reform of Logic” を…

ギリシア哲学における「実在」概念の不分明さ Kahn, "Why Existence Does Not Emerge as a Distinct Concept in Greek Philosophy"

Kahn, “Why Existence Does Not Emerge as a Distinct Concept in Greek Philosophy” in Archiv für Geschichte der Philosophie 58 (1976), 323-34 [repr. Kahn, Essays on Being (New York, Oxford University Press, 2009), ch.3].

ギリシア哲学における「ある」の意味 Kahn, "Greek Verb 'To Be' and the Concept of Being"

Charles H. Kahn, “Greek Verb ‘To Be’ and the Concept of Being” in Foundations of Language 2 (1966), 245-65 [repr. Kahn, Essays on Being (New York, Oxford University Press, 2009), ch.1]. ギリシア語の be 動詞 εἶναι の真理用法(veridical use…

久保元彦「神の現存在の存在論的証明に対するカントの批判について」

久保元彦「神の現存在の存在論的証明に対するカントの批判について」同『カント研究』創文社、1987年、351-420頁。 カントによる存在論的証明批判の固有性はどこにあるのかを問う論文。以下のようなことが主張される。 カントによる批判の眼目は、現存在はレ…

Resp. I 関連諸論文 #2

J. Annas, An Introduction to Plato’s Republic, Clarendon Press, 1981, pp.34-58. G. B. Kerferd, “The Doctrine of Thrasymachus in Plato’s ›Republic‹” In Sophistik, C. J. Classen (ed.) Wissenschaftliche Buchgesellschaft, 1976, 545-563. [Repri…

Resp. I 関連諸論文 #1

J. H. Quincey (1981) “Another Purpose for Plato, ‘Republic’ I” Hermes, 109(3), pp. 300-315. Stephen A. White (1995) “Thrasymachus the Diplomat” Classical Philology, 90(4), pp.307-327. J. R. S. Wilson (1995) “Thrasymachus and the Thumos: A …

加藤信朗「ホドスとメトドス」

加藤信朗「ホドスとメトドス」『哲学の道:初期哲学論集』創文社、1997年、3-53頁。 古代哲学における「方法」ないし「道」の概念を表題の二つの語から跡付け、また哲学における実際の方法を論じた論文。とりわけアリストテレス・プラトン・パルメニデスが中…