4月に読んだ本

満足な読書記録をつける習慣がどうしても身につかない。専門論文の情報は scrapbox で別途管理することにしたけれど,それもどれくらい続くか分からない。

続きを読む

3月に読んだもの

  • 第2週
  • 第3週
  • 第4週
    • C. W. A. Whitaker, Aristotle's De Interpretatione (Oxford: Clarendon Press, 1996).
    • G. E. L. Owen, "Inherence" in Phronesis 10(1), 97-105 (1965).
    • P. Simons, "On Understanding Leśniewski" in Philosophy and Logic in Central Europe from Bolzano to Tarski (Dordrecht: Springer, 1992).
  • 第5週
    • ルフレッド・フェルドロース『自然法』成文堂,1974年。
    • 吉原祥子『人口減少時代の土地問題:「所有地不明化」と相続,空き家,制度のゆくえ』中公新書,2017年。

正確には3/6-31。記録をつけていなかった文献もあり,それらについてはあまり何も書いてない。本と論文を一括したが分けたほうがいいかもしれない。そもそも4年生になるのだからフラフラせず卒論関連の哲学文献に傾注すべきだという話もある。

続きを読む

今週読んだ本

  • M. I. Finley, Politics in the Ancient World (Cambridge: Cambridge UP, 1983).
  • J. M. ボヘンスキー『古代形式論理学』公論社,1980年。
  • 玉村豊男『料理の四面体』中公文庫,2010年。
続きを読む

今週読んだ本

続きを読む

今週読んだ本

すこし落ち着いてきたのでブログを再開する。今週はあんまり専門の勉強と関係ない本ばかり読んだ。

続きを読む

所謂「海戦問題」解釈をめぐる議論状況 #3

最終回。

続きを読む

所謂「海戦問題」解釈をめぐる議論状況 #2

前回 に引き続き,現代における諸解釈を見ていく。

続きを読む