今週読んだ本

アリストテレスの因果的説明と本質概念を再構成する コスリツキ「本質・因果性・説明」

  • カトリン・コスリツキ (2015)「本質・因果性・説明」鈴木生郎訳,トゥオマス・E・タフコ『アリストテレス的現代形而上学』春秋社,347-380頁。(原論文: Kathrin Koslicki (2012) "Essence, Necessity, and Explanation" in Tuomas E. Tahko, Contemporary Aristotelian Metaphysics. Cambridge University Press.)
続きを読む

13世紀のトピカ受容 Green-Pedersen, "On the Interpretation of Aristotle's Topics in the 13th Century"

  • N.J. Green-Pedersen (1973) "On the Interpretation of Aristotle's Topics in the 13th Century." Cahiers de l'Institut du Moyen-âge grec et latin 9, Copenhague. 1-46.

Slomkowski, Aristotle's Topics で言及されていたので手に取ったが,正直専門的すぎてよく分からなかった。一応読んでしまったので簡単にメモを残しておく。なお後半には若干のラテン語テクストが附録に添えられている (読んでない)。

続きを読む

Evans, Aristotle's Concept of Dialectic #3

  • J. D. G. Evans (1977) Aristotle's Concept of Dialectic. 17-30.
    1. Introduction
    2. Dialectic and the works of Aristotle
      • Metaphysics B and Γ: the problem of dialectic and its resolution
      • Metaphysics A and M: Aristotle on Socratic and Platonic Dialectic (ここ)
続きを読む

今週読んだ本

続きを読む

『メタフュシカ』A6のプラトン像 Steel, "Plato as seen by Aristotle"

  • Carlos Steel (2012) "Plato as seen by Aristole" in Carlos Steel (ed.) Aristotle's Metaphysics Alpha: Symposium Aristotelicum. Oxford: Oxford University Press. 167-200.

『メタフュシカ』A6 (プラトンの教説を扱う章) について幾つかの問題を提起する論文。*1特に個々の記述が何を素材としどう加工されたかということが論じられる。基本的には対話篇が情報源であると想定する。

*1:なお本書所収の論考はすべてランニング・コメンタリー形式を取っている。

続きを読む

Evans, Aristotle's Concept of Dialectic #2

  • J. D. G. Evans, Aristotle's Concept of Dialectic. Cambridge: Cambridge University Press. 7-17.
    1. Introduction
    2. Dialectic and the works of Aristotle
      • Metaphysics B and Γ: the problem of dialectic and its resolution (いまここ)

『メタフュシカ』はどこもかしこも難解という先入観があって邦訳でさえあまり真面目に読んでこなかったのだけど――かつその先入観自体は恐らく間違っていないのだけど――それでも読まないのはまずい,という当たり前のことを思い知らされている。

続きを読む